ブログ

最近は雨も多くなり、ようやく梅雨になりましたね。

 

ワンちゃん、ネコちゃんはご体調変わりないですか?

 

 

さて、この度当院は「ペット手帳」に参加することになりました。

 

ペット手帳とは、当院や専門家が監修した情報やアドバイスが、あなたのペットに合わせて届くサービスです。

 

当院からの知らせやあなたのペットに役立つ情報をお届けします。

 

是非ご利用をご検討ください。

 

 

 

2019年7月1日更新

先週の木曜日に、レントゲン装置が新しくなりました!

 

小動物専用X線撮影システム PETMATE EFX Versionという最新の機械になりました。

 

 

レントゲンの条件の設定がワンタッチでできるようになり、小鳥やハムスターなどの小動物の条件設定も容易になりました。

 

また、被ばくも低減されており、レントゲン画像もかなり高画質になっています。

 

以前よりも細部まできれいに撮影できるようになっているので、今後の診察に役立てていきます。

2019年6月26日更新

5月は忙しくブログの更新が遅くなってしまいました。

 

最近は、日中はかなり暑くなってきましたね。

 

暑くなってくると「熱中症」に注意が必要になってきます。

 

高温で湿度が高い環境下で起こる様々な体の障害を総称して熱中症と呼んでいます。

 

気温が高いところで激しい運動を行ったり、屋外や高温で換気が不十分なところに長時間いたりすると熱中症になりやすいです。

 

動物が熱中症になると、息が荒くなったり、ぐったりし、尿や便の失禁がみられることもあります。

 

進行すると意識がなくなったり、けいれん発作が起こることもあります。

 

熱中症になった場合、応急処置として水道水を体にかけたり、冷たいタオルやタオルを巻いた保冷剤などを頚部や脇や腹部に当てるようにし、急いで動物病院に連れてきてください

 

身体を冷やして体調が良くなったように見えても、体の中では大きな変化が起こっており、状態が急変することもあるので注意が必要です。

 

 

ワンちゃんやネコちゃんは、人間に比べて汗腺の発達が悪いため、体温の調節は呼吸による気化熱に頼って行っています。

 

なので、気管の発達が悪いパグやフレンチブルドックなどや、太った動物では発病の危険性が高いので特に注意してあげてください。

 

人にも厳しい暑さなので動物さんもよく注意して安全に夏を越せるようにしてあげてくださいね。

2019年6月3日更新

お気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、

 

実は2月から表の看板をリニューアルしています。

  

 

このように変わっています。

 

来院された際は、確認してみてくださいね!

 

 

また、フィラリアの検査や全身の血液検査がかなりお得にできる

 

健康診断が4月までになっています!

 

 

この機会に是非ご利用くださいね。


2019年4月9日更新

少しづつ気温が上がり過ごしやすくなってきました。

 

お散歩も行きやすくなってきましたね。

 

ただ、気温が上がってくるとノミやマダニの活動も活発になります。

 

 

そこで、今回ご紹介したい病気が

 

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)です。

 

 

 

この病気はマダニによって媒介され、人だけでなく犬を含む多くの動物に感染する感染症です。

 

数年前に話題になりましたのでご存知の方も多いと思います。

 

最近はメディアの話題に上がることも少ないので落ち着いたと思っていられる方も多いのですが、

 

全くそんなことはありません!!

 

 

毎年、60名前後の感染が報告されています。 

 

西日本で発生報告が多く、兵庫にも発生報告はありますし、徐々に病気の発生地域が広がってきています。

 

この病気の主な初期症状は発熱、全身倦怠感、消化器症状で、重症化し、死亡することもあります。

特に高齢者で死亡のリスクが高いです。

 

 

マダニによって媒介される病気なので、動物のマダニ予防がとても重要になります。

 

 

マダニはどこにでもいると考え、マダニが発生する3月頃からマダニの駆除薬をしっかり使うようにしましょう。

 

2019年3月19日更新

院長の山下です。

 

そろそろスギ花粉が飛び出す時期になりましたね。

毎年この時期は、目の痒み、鼻炎症状に悩まされ、一年で一番つらいシーズンです。

 

 

人ではとてもしんどい花粉症ですが、ワンちゃんやネコちゃんではどうでしょう?

 

 

実は、ワンちゃん、ネコちゃんにも花粉症はあります。

 

しかし、人でよく見られる鼻水、くしゃみなどの症状はあまり見られません。

 

 

ワンちゃんの場合は、皮膚炎や外耳炎がよく見られます。

 

いわゆるアレルギー性皮膚炎です。

 

 

ネコちゃんの場合は、くしゃみ、鼻水などの鼻炎症状や、咳といった喘息症状がみられることもりますが、やはりワンちゃん同様皮膚炎が多いです。

 

 

この時期になると痒みが出るなどの症状が有れば、花粉が原因であることも考えられるので気になる方は一度ご相談ください。

2019年2月19日更新

こんにちは。

本日2月1日より上田動物病院の院長に就任しました山下と申します。

上田先生の後を引き継いで、わかりやすく丁寧な診察を心がけていきます。

何か些細なことでもいいのでぜひ相談に来てください。

また、今月から院長交代記念キャンペーンとしてお得な健康診断を実施しています。

この機会にぜひ健康診断を行い、病気の早期発見、早期治療を行えるようにしましょう。

2019年2月1日更新

ホームページのリニューアルに伴いブログも新しくなりました。

少しずつですが更新していきたいと思いますのでよろしくお願いします。

2018年12月4日更新