仔犬を家族に迎えたらまずは動物病院に

ペットショップ、ブリーダーさんとは異なる視点でアドバイスできることがあります。犬種によって注意すべき病気、予防方法、健康管理についてのお話をいたします。

身体検査
筋肉、関節、リンパ節の触診、聴診による心・肺音のチェック、口腔内の異常のチェックなど
検便

今まで集団で生活していた仔は、回虫など人に移る病気を持っている場合があります。検便で早めに見つけることが大切です。 (小さなお子さんがいるご家庭では必ず受診ください。)

ただ検便で見つからないこともあるので、予防的に駆虫薬を投薬することをおすすめします。

仔犬の予防

生後60日
  • 一回目

    混合ワクチン接種
  • 二回目

    混合ワクチン接種(一回目の注射後、4週間経ってから)

ただ生後60日以前にワクチンを接種されている場合は、お母さんの免疫が残っていてワクチンの効果が不十分なことがあるので、
1回目を打った4週間後に2回目
2回目を打った4週間後に3回目
を打つ3回の接種が必要になります。

『ワクチンを打って、体が忘れかけた頃 もう一度打つ』を繰り返すことで強い免疫が残せます。
三回目が終われば、次は1年後になります。その後は年1回の注射で十分効果が得られます。

生後91日

狂犬病予防注射

注射後、お住まいの保健所に登録し鑑札と済票を 受け取ります。
(日本のワンちゃんには戸籍があり、登録することが義務付けられています。)

初めての春

フィラリア検査

フィラリア検査(血液検査)で陰性を確認し、予防を5月~11月末まで毎月行います。体重によって薬の量が異なるので、月一回体重を測定してお薬を処方いたします。
大人になって体重が安定したらまとめてお出しすることもできます。

ノミ・ダニ予防

3月~11月まで月一回内服薬または首の後ろにつける薬で予防します。
ノミ・ダニは痒いだけでなく、恐ろしい病気も媒介します。
ご家族に移すことがありますので、しっかり予防しましょう。