秋はどこに?

265_2

11月に入ってから秋を感じることもなく急に寒くなりましたが、皆さん体調は崩されていませんか?

急激な気温の変化でお腹を壊す方もいらっしゃるかと思います。
わんちゃんでも同じことが言えるのでは・・・?
と思うほど季節の変わり目にお腹を壊す子たちが最近増えてきました。

もちろん気温が原因ではない難しいケースもありますし、一概には言えません。

 

一昔前までは屋外で飼われている子が大半で室内犬が少なく、
室内で飼う必要性のある寒さに弱い小型犬が普及したこともひとつの要因といえます。
お腹を冷やさない為の一工夫として、
暖かい寝床を作ってあげる。
・床面に段ボールや新聞など敷いた上からフリースを置く。
・ヒーターや湯たんぽを置く。
※暖かくなりすぎないように逃げ場を作っておきましょう!
詰をレンジで数秒温めてあげる。
(缶詰は食べない子には、ドライフードをほんの少し温めてあげると匂いがたちます)

食欲があまりない時にもレンジでチンが有効的です☆
(ネコさんでも是非お試しください!)

 

夏は熱中症に気を付けろと言ったり、冬は冬で暖かくと言ったり・・・
気を付ける事がたくさんですが、注意の仕方は人間と同じに感じませんか?

 

モコモコのお洋服を着せてあげることも寒さ防止にはなりますが、
お留守番の時、どこかに服が引っかかってしまい身動きが取れなくなってしまう事もあります。
モコモコ可愛いお洋服は寒い外に出る日や散歩など必要な時だけ着せてあげましょう。

 

常に「もしも」を考えて、みんなで寒い季節を乗り切りたいですね♪
※待合に掲示してあるポスターも是非ご覧になって下さい。

 

265_2

↑5年前のダナとだいちゃん。
この子達の可愛い暖の取り方(o^―^o)