猫の来院時のお願い

猫の来院時のお願い

先日、猫さんの診察時のことです。初診の方で、ケージに入った状態で来られました。
診察を始めようと院長がケージのふたを開いた途端、診察室の天井までジャンプし、天井付近の壁をかけまわり大騒ぎになりました。
とにかく一旦ケージにいれようとしても、パニック状態の猫は簡単につかまりません。走りまわるわ、飛ぶわ、咬みつくわで
なんとか捕獲。しかし院長が手をかまれてしまう結果となりました。

猫は家ではおとなしくても、家から離れる・ケージに入れられる・慣れない病院で家族以外の人間や犬がいる・・・といったストレスや恐怖で
予想外の行動をすることがあります。一瞬の隙をついて飛び出したり、攻撃的になったりします。そうなると残念ながら・・診察は難しいです。

予防策として来院時には、①まずねこさんを大きめの洗濯ネットにいれ、チャックをしめる ②ネットに入ったねこさんごとケージにいれる
こうしていれば猫は狭いところにいる感覚で落ち着き、ネットに入ったまま安全に診察ができますのでご協力お願いいたします。
最近はこうして受診される飼い主さんがふえてきて、助かります。

IMG_20160822_150631↑タケルin   IMG_20160822_150855↑意外と落ち着いてます