おおつかさんにきく <後編>

(続き。。。)

—ここはこうしたらよかったな、というところはありますか?

お「ファイルが分厚くなったことと・・・紙が黄ばんでるところ」

—イラストかわいいですね。

お「ありがとうございます」

image

—中を見ると布団を切り抜いた写真がありますが、これはどうしたんですか?

お「友達の、いらなくなった布団を拝借しました」

—出来上がってみての感想は?

お「めっちゃ時間かかっちゃったなーというのと、自分にしてはがんばったと思います」

image

—次回作は?

お「いちおう、仔犬仔猫向けの簡単なしつけの本をぼやーっと考えてます。・・・・おせんべい食べていいですか?・・・」

—どうぞ。最後、仕事してて好きですか?

お「好きです。患者さんとわんちゃんや猫さんを介して話すのが好きなので、なにげない相談をしてもらうとちょっとうれしいです」

ありがとうございました。
一見クールだけども、動物たちに愛情をたっぷり持っていて、責任感のある照れ屋な人がいたらおおつかさんです

(その後。。。)
待合室に置かれたかいごの本は、手に取られゆっくりと目を通してもらっています。
「うちはこんなことがあったよ」「こんなふうにしてるよ」とか患者さんご自身の体験や感想を話してくださる方も・・・。
せっかく頂いた声は、巻末に追記していくことにしました。これからもっと分厚い本になっていくでしょう。