おおつかさんにきく <前編>

三月から待合室に、一冊のファイルが置かれました。

タイトルは<シニアわんにゃんのやさしいかいごのほん>  作者はおおつかさんです。

3/19土曜日、午後の手術が終わり休憩の合間にこの本について、インタビューしました。

 


―――お疲れ様です

おおつか(以下、お) 「お疲れ様です」

―――どうですか最近は?

image

お 「まあ、ぼちぼちです。」

―――このたびは、かいご本の完成おめでとうございます。

お 「ありがとうございます。」

―――簡単にご自身のプロフィールを。

お 「プロフィール・・・・・えー、ここに勤めて5年目です。13歳と10歳のシーズーがいます。
 趣味は、今は・・・・探索中です。」

―――本を作ろうと思ったきっかけは?

お 「患者さんである犬や猫達が長生きできるようになったことと、飼い主さんからお世話の相談をされるようになったことです。」

―――完成までどのくらい?

お 「昨年の9月から始めて、いろいろ調べながらやっとできました。」

―――おおつかさん自身の経験談も入っている?

お 「少しですけど・・・はい、入ってます。」

―――・・・なにきいてほしい?きいてほしいことある?

お 「えっ斬新なインタビューですね。えーっ、表紙にシニアって書いてあるんですが、若い子たちの飼い主さんにも、ぜひ読んでほしいです。」

                                                                                                                                                                                     (続きます) 

IMG_20160404_173851