おトイレのしつけについて

- Category - 未分類

犬猫を飼う上で、トイレのしつけについてお悩みの方も多いと思います。
猫は比較的簡単で、猫砂やペットシーツ等用意したものをトイレと位置付けたい場所に設置するだけで良いそうです。

 

犬の場合、1歳までにトイレの癖を付けておくのが一般的です。
始めに散歩でする癖だけをつけてしまうと、雨や雪の日も外でしかしない子になってしまう事があります。
毎日の散歩は、日々の筋力維持やわんちゃんたちリフレッシュにもなりますのでとっても大切です。

でも台風の日にまで外でしかしてくれないとなると、ちょっと大変ですよね・・・。

 

我が家のおトイレトレーニングを紹介します☆

 

①おしっこをペットシーツにワザと付けて下さい。

②トイレにしたいスペースに置いて、においを嗅がせて下さい。

③トイレの時間を決めて、声を掛けて②の位置へ誘導してみましょう。

 

(声の掛け方はご自由に!「おトイレ行きましょう」「ワン・ツー・ワン・ツー」など。
我が家はストレートに「おしっこは?うんこないの?」と言ってますのでお上品な声掛けをしてあげて下さい。)

以上を覚えるまで繰り返し行います。

 

※注意※
失敗しても絶対に怒らない事!

上手く出来たら大げさなくらい褒めて、
「おトイレをここでするのは良い事なんだ!」と覚えて貰えるように関連付けてあげてください。

庭があるお家はお庭で癖をつけるのも良いですね☆

成犬になってから覚えることも可能ですが、やはり慣習付いてしまった癖を直すのは一苦労です。
何度も何度も根気よく付き合ってあげて下さい。

そして何度も言いますが失敗しても怒ってはダメですよ!

「こっちでしなさい!」とトイレの場所まで無理矢理誘導するのもダメです!

今度は隠れて違うところでしようとして悪循環になります。
(私はそれで一度失敗した身ですので・・・)

 

ペットシーツで出来るようになると、普段の尿の色と違う!
と変化にいち早く気が付けて病気の早期発見・予防に繋がります。
ワンちゃんたちは褒めて伸びる子なんだってことを忘れずに是非トライしてみて下さいね♪