もうすぐクリスマス?

332_1339,height=510′);return false;

332_2340,height=510′);return false;


 少し前の話になります。
患者さんにロンちゃんというポメラニアンのおじいちゃんがいました。勿論、初めからお爺ちゃんでは有りません。若い頃はとってもやんちゃで元気一杯の男の子でした。

そんなロンちゃんも今年の9月、15歳を目前にして長い眠りにつきました。
いつもロンちゃんは、ライオンさんのように勇ましいカットでしたが病気には勝てませんでした。

飼い主さんは、ロンちゃんがいなくなってから2ヶ月が過ぎ、少し気持ちが落ち着いたのでしょうか、ロンちゃんの闘病の思い出が残るこの病院に来てくれました。「やっと来れました。」と言ってクリスマスリースをいただきました。

クリスマスはロンちゃんのお誕生月です。
きっとどこかで見ているんでしょうね。皆さんも気がついたらこのリースゆっくり眺めてください。
ロンちゃんのお母さんの心がこもったリースです。