頑張れチャイ君

103_1339,height=510′);return false;

103_2500,height=349′);return false;


 今日はチャイ君が来てくれました。そろそろチャイ君も足が利かなくなってきました。とっても仲良しのチャイ君なので心配です。
特に後ろ足が思うように動かなくなり、ごらんのような特殊なハーネスをつけています。これで飼い主さんがチャイ君の後ろ足のささえの代わりをしてあげるのですが、38キロの体重を支えるのはとっても重労働です。下手に支えていると、力が抜けた動物の体は、飼い主さんの腰と腕が故障するくらい重たくなってきます。

でもお母さんは頑張っています。最後まで根気良く付き合うつもりだそうです。家族としては当然のことかもしれませんが、本当に大変だと思います。大変なのはチャイ君も同じです。自分で思うように動けなくなるとおしっこにも行けません。ウンチも寝たままになってしまいます。

何よりも大型犬にとって不幸なのは自分の重みなのです。常に同じ姿勢でいるためにその体重は、全部下側の一点に集中します。そしてその部分の血流を止め、壊死を起こしたり、お肉が腐って骨が飛び出したりします。そうならないために私達は色々と手を尽くします。

やっぱり一番は姿勢をこまめに変えてあげること。
そこでお父さん達が一番に有効だと見つけたグッズが大きなビーズクッションです。姿勢にあわせて自在に形を変えてくれます。そして軽いので飼い主さんにも優しいかも知れません。

これから長生きする動物たちのために、皆で知恵を出し合って、動物と飼い主さんが楽で無理のない楽しい介護ができるように考えましょう。