帝王切開

100_1500,height=349′);return false;

100_2339,height=510′);return false;


 今日は天皇誕生日でお休みです。
外はとってもいい天気。少し風は冷たいけれど、最近にしてはなかなかのお天気です。

 私は朝からお母さんとドックランにお散歩に行って来ました。その間お父さんは車のシャンプーです。もうすぐお正月なので、車もお正月の準備です。車も洗い終えてお昼近くになった頃、昨日のチワワの飼い主さんがSOSです。

お母さん犬はちょろちょろとおしっこをして回ります。
いつもはおとなしい子でもこの時ばかりは、がさがさと床を引っかいています。寝ていたかと思うと落ち着きなく歩き回ります。やはり陣痛でした。お産の時はお母さん犬の体温もいつもは38度台ですが、このときだけ37度台に下がります。

やっぱりお誕生日はクリスマスにはならないのでしょうか?とりあえず、夕方まで様子を見ていましたが間違いないようです。お休みの日なので緊急の帝王切開になりました。私はこの手術はとっても楽しみです。だって生まれたての赤ちゃんが見れるんですよ。

1時間ほどで手術は終わりました。次々生まれた5匹の赤ちゃんのなんと小さいこと。飼い主さんの声もうれしくて、少し涙声だったようです。そこへ登場したのがダイスケ。今までどこにいたのやら。赤ちゃんにはあんまり興味がなかったのに・・・覗いています。
「こら!触るなよ!!」他の子には任せられません。
だってこれは私の仕事なのだから。

ちなみに飼い主さんの結婚記念日は明日だそうです。少しおめでたい年末でした。