伽耶院

97_1500,height=349′);return false;

97_2500,height=349′);return false;


 今日は三木の中でもとっても古いお寺に行きました。
昔は、本当に山の中にぽつんとあったのだろうなと思わせるたたずまいです。大きな木がそう思わせます。お寺の下のお庭はきっと、一ヶ月前なら見事な紅葉だったことでしょう。

 今日はあまりお天気も良くないので、割と近いこのお寺に来たのですが、ここに来たかった理由はもう一つ。
少し前の新聞にこのお寺が紹介されていて、とってもユニークな看板があるって書いてあったそうです。それがこれです。「入山料お一人様草引き十本」なんと欲のない住職さんでしょう。

このお寺は、山伏さんが修行に来るお寺らしいです。お正月などは沢山の修行僧でいっぱいらしいですよ。そんな時には、私はお邪魔なので今日のようなすいた時期に来て見ました。
本堂は扉が開かれていて、中を見学できます。私は入り口で座って覗かせてもらいました。

中には色んなお品がおいてあって、お金を置いてからいただいてゆくようです。その中に「おニャン子みくじ」というものが右の写真。
お母さんはとってもこのおニャン子がほしかったのだけれど、おみくじは1月と決めているので、来月のお楽しみです。来月又連れてきてもらえるみたい。

ここには売り子さんもいないし、人間の良心を試されているようです。入り口にこんなお札がありました。
「お賽銭泥棒さんが来ますので、防犯カメラをつけました。なんだか変なものですが・・・」とかこんな文章だそうです。ご住職さんのご苦労を感じる文章ですね。