がんばれフーちゃん

72_1339,height=510′);return false;

72_2339,height=510′);return false;


 今日はポメラニアンのフブキ君がトリミングにやってきました。上田動物病院のトリミングにしては珍しく、どこも悪くない元気な男の子です。そのフーちゃんにもちょっとした環境の変化がありました。何と兄弟ができたのです。と言っても犬ではありません。

3週間ほど前に、若いご夫婦の飼い主さんに元気な男の子の赤ちゃんが生まれました。日本で人間が減ってるって聞いてたけど、本当によかったね。でも今まで一人っ子で大切に可愛がられてたフーちゃん、やきもち焼いたりしないかなぁ?
最初っから、一番下で家族に迎えられた子は問題なく大きくなれるけど、途中から、それも人間の赤ちゃんとなると犬にとっては深刻です。

飼い主さんは赤ちゃんばかりかまってしまうし、犬のことは後回しになってしまい、慣れるまで理解できないことばっかりの寂しい毎日です。
でも大丈夫。私達犬は常に群れで生きています。秩序のある順位付けができていたら必ずそれに従います。
 そうなればフーちゃんも今度増えた家族が、いつか大きくなってフーちゃんを可愛がってくれる人になることをきっと理解できるでしょう。

そのためにも飼い主さん、今が一番大変だけどがんばって家庭の秩序保ってくださいね。私達犬はいつも人間の良き友達でいることを望んでいますから。