67_1339,height=510′);return false;

67_2500,height=349′);return false;


 最近では、夕方から涼しくなって過ごしやすい気候ですね。私も夜お散歩に行くんですが気持ちのいい風が吹いていて本当に秋が近いのがわかります。
川原のベンチにいると緑の草がサラサラと涼しげでのんびりと眺めているのが大好きです。

そんな気持ちの良い時間を「ぷ~ん」という小さな音が邪魔します。何だろうと思っているうちに、「あ!!鼻がかゆい。耳がかゆい。え!!しっぽもかゆい!」
何と蚊です。何匹もの蚊が私を狙っています。
 この気持ちの良い温度、蚊にもどうやら快適な温度らしいです。蚊は11度から32度の間で活発に活動する生き物で、それ以下でもそれ以上でも元気ではいられません。だから4月中頃から12月はじめまで犬も人間も狙われています。

今日は、そんな蚊のベストシーズンを、フィラリアの予防を忘れたまま過ごしてしまった子の飼い主さんがおお慌てで当院を訪れました。
大変です、入ってしまったフィラリアはもう取り出すことはできません。そこでまず血液の検査をすることになりました。この検査は、たいていは春先にフィラリアの予防を始める前にするものですが今回は特別です。

検査の結果、フィラリアはまだこの子の体には入っていませんでした。人間と同じ環境でいたことと、今年は暑すぎてあまり外に出ず、エアコン暮らしが幸いしたようです。今日から予防薬が飲めることがわかり、スタッフ一同ほっとしました。もし、フィラリアが入っていたら普通の予防薬は飲めませんからね。

この検査すごいでしょ。8分間でわかってしまいます。ちょっと血は採るけど、大切なことは早く知りたいよね。今度病院にきたら遠慮なく『フィラリア見せて!』といってください。昔の予防薬がのめなかった不幸な子達のフィラリアの標本が沢山ありますよ。