マイクロチップ

51_1500,height=349′);return false;

51_2500,height=349′);return false;


 皆さんはマイクロチップって知ってますか?
小さな筒型のカプセルのような物を少し太目の針のついている専用の器具で皮膚の下に埋め込みます。このチップの中には色々な情報が入っています。だから、もし迷子になってもその子がどこの誰だかすぐに判るようになっています。
 聞いただけでは痛そうですが今日埋め込みをしたのはまだ子犬のチョコラブのややちゃんです。
静かにしていたのでそれほど痛がることも無くさっと終わりましたよ。

何を隠そうこの私もマイクロチップを6年前に埋め込んでいます。実は私には迷子の経験があります。まだ4ヶ月くらいの子犬の頃お父さん達と夜散歩に出てかわらに行きました。自転車だったお母さんはかわらに降りる下り坂まで先に走ってゆきました。私とお父さんは2人で階段でかわらに下りるはずだったのに、私はお父さんを振り払って先に走っていったお母さんを追いかけました。

その後お父さんとお母さんは出会ったのに私は暗闇の中迷子になったのです。不安で寂しくて恐かったので、かわらの街灯の下でじっとおすわりをして、はぐれた方向を見つめていました。一時間くらいたった時、かわらの上の道で「ダナ!!」と呼ばれたときにはもうどんなに怒られてもいいとおもうほどうれしかった。そんなこんなで私の首の後ろにはマイクロチップが入っています。

警察に保護された時、保健所に連れて行かれた時、そして動物病院に保護された時など、右の写真の機械でどこの誰の何ちゃんまで全部わかります。最近の新しい機種に変わってからは体温も測れるようになりました。気分が悪い時、耳やお尻の穴に体温計を入れられることも無いんですよ。すごいでしょ。