あさご芸術の森美術館

44_1500,height=349′);return false;

44_2500,height=349′);return false;


 今日のドライブは朝来市でした。お天気は相変わらずいまいちだけど、かえって涼しくて良かったかも知れません。
朝来市には多々良木ダムと言う大きな池があります。上からのぞくととっても急な坂があってその下は沢山んの水でいっぱいです。身を乗り出してのぞいていて危うく落ちそうになりました。

 今日は今までに無く芸術を鑑賞するお散歩です。ダムの下には「あさご芸術の森美術館」と言うのがあります。美術館の建物には私は入れませんが、その周りには広い芝生と巨大なアートが立ち並び一つ一つがとっても力強く、そばで見ていると造った人のパワーが感じられて犬の私でもちょっとどきどきしました。そばにはきれいな川も流れていて森林浴にも最高です。あんまりうれしくて森の中をはしゃぎまわっているうちにとうとうダニだらけになって随分叱られました。
 月に一回のお薬をしているのでダニの病気にはならなくてすみますがちょっと気持ち悪いですね。

 今日はその彫刻の中から一つだけ紹介しますね。左の写真は美術館の入り口の前にあったアートです。13匹のさまざまな動物たちが一つのパンを分け合っています。そうです。あの有名な「ご飯の絵」です。わたしのいすもあったので仲間に入れてもらいました。となりの犬さんが話しかけてるようですが緊張していたので何も聞こえませんでした。今日もまたぐっすり眠れそうです。