歯磨き

40_11044,height=711′);return false;

40_21044,height=711′);return false;


 チワちゃんが亡くなって5日が過ぎました。少し落ち着いてきて遺品の整理をしています。私も一役かってチワちゃんが食べていた柔らかいドッグフードを貰っています。私のフードに比べると小さい粒で柔らかくてとってもおいしいです。なぜ柔らかくて小さい粒かと言うとチワちゃんは1本しか歯がなかったからです。
15年前まだチワちゃんが子犬だった頃歯磨きなんて習慣は犬にはありませんでした。だから5歳くらいから歯が抜け始めて12~13歳頃には硬い食事ができないくらい歯がぼろぼろになっていました。ぼろぼろといっても犬は虫歯ではなく歯肉炎で歯を失うのが大半です。

 なぜ歯肉炎になるかというと歯石がついてそれが歯茎を傷めるからです。歯石は歯周病菌の住家となりどんどん進行してとうとうポロリと歯が抜けてしまいます。歯が抜けるまでにはすごい口臭もするし痛いのでご飯も噛めなくなります。第一歯周病菌によって心臓も悪くなるんですよ。亡くなった後チワちゃんの下あごは半分くらい骨が溶けていました。ね!恐いでしょ。

 でも私は一箇所も歯石はついていません。何故かと言うと毎日歯磨きをしているから・・・と言いたいところですが、歯磨きは大嫌い。だから毎日歯磨きチューブをなめています。愛子お姉さんがほんのちょっとだけ毎日舐めさせてくれます。チキンのにおいがしておいしいですよ。だからぺろぺろと舐めちゃいます。本当はもっと舐めたいのだけれど・・・・。この歯磨きは舐めるだけでお口の臭いもなくなるし、少しくらいなら今ついてる歯石も取れてしまいます。これからは犬にも大切な習慣にしたいですね。15歳まで20本とかね。